ちからぼ

主に資産運用と相模原市について書いてます。

【スポンサーリンク】

私のキャッシュレス生活

 

f:id:miki2412028:20190123131555j:plain

 

どうも!!mikiです。

最近、東京オリンピックの開催決定や、インバウンドによる観光客の増加などで、「電子決済」や「キャッシュレス」というような言葉が聞かれるようになりました。

私も普段からなるべく現金を使わないようにしており、基本的にクレジットカードによる決済を行っています。

今回は、私が実際に行っているキャッシュレス生活などについて書いていきます。

キャッシュレス決済とは

説明するまでもありませんが、キャッシュレス決済とは現金による決済を利用しない事を指します。現在の日本では現金決済が主流であり、あまり馴染みのない言葉ですが、世界的に見れば珍しいことではありません。

www.nikkei.com

最新のニュースではありませんが日本経済新聞によると、日本の電子決済事情は全体の2割程度であり、東京都内でも電子決済を導入している飲食店が3分の1とのことです。

その反面、中国や韓国では電子決済の割合が過半数を占めております。この結果からも日本は、キャッシュレス後進国と言えます。

キャッシュレスの方法

キャッシュレス後進国とはいえ、日本でもキャッシュレス生活を行うことが可能です。

では、私が普段から利用している決済方法について下記に示します。

クレジットカード決済

生活のほとんどをクレジットカード決済で行っています。電気・ガス・水道などの支払いはもちろん、日常品や食品もクレジットカード決済にて行っています。

主に使用しているクレジットカードは、この2種類です。

Yahoo! JAPANカード

年会費無料【Yahoo! JAPANカード】

 学生や社会人1年目の方でも作ることができ、クレジット決済の1%がTポイントで還元されるクレジットカードです。

入会後、3回の利用で1,0000円分のTポイントがもらえたり、利用金額とは別でTポイントのボーナスがもらえたりと、お得かつ使いやすいクレジットカードです。

この1枚でTカードも兼ねることができるので、Tカードとクレジットカードを1枚づつもたなくてもよくなります。

私は、このクレジットカードでの決済が毎月10万円程ありますので、毎月1,000円程度のTポイントが付与されます。

② イオンクレジットカード

イオンカードセレクト

 もはや知らない人はいないであろう、イオングループのクレジットカードです。WAONによる決済にも対応しているので、クレジットカード不可のお店でも使用できます。

私は、WAON一体型を利用しており、利用するタイミングとしてはイオングループでの買い物時です。クレジットカードの登録者限定の割引などもあるため、イオン系列のお店をよく利用する方には、不可欠な1枚です。

電子マネー決済

電子マネー決済として、SuicaやPayPayを利用しています。皆さんご存知の通り、バスや電車、地下鉄に乗る場合の支払いは、すべてSuicaで行っています。

私はモバイルSuicaを利用しており、GooglePay経由でクレジットカードよりチャージを行っています。

スマホさえあればどこでも使用およびチャージが出来ます。また、Suicaは多くのお店で使用できるため、スマホ1つで遠出も可能です。

クレジットカードと電子マネーの使い分け

クレジットカードの場合

私は、基本的にクレジットカードによる決済を行っています。その理由はポイント還元が得られることが主な理由です。その他にも、電子マネーのようにチャージなどを行わなくていいので、手間を省くことが出来ます。

高額な買い物になればなるほど、還元されるポイントも多くなるため、なるべくクレジットカードを利用します。

電子マネーの場合

クレジットカード決済の場合、サインを求められることがあります。高額な決済時には仕方ないと割り切ることが出来ますが、缶コーヒー1つの買い物でもサインを求めてくるお店もあります。そのようなお店の場合は、Suicaによる決済を行います。

もちろんですが、バスや電車を利用する際の決済はSuicaを利用しています。

現金も手放せない

上記で、キャッシュレスについて色々書きましたが、場合によっては現金決済も行っています。

私の住む相模原市のカフェや喫茶店、レストランの多くは現金のみの支払いとなっており、渋々現金決済を行っています。

これらのお店でキャッシュレス決済を行えるようになれば、私は現金を持ち歩くことはなくなります。

さいごに

紙幣や貨幣を発行するのにもコストがかかります。また、国内需要が低下していくことを考えるとキャッシュレス決済への移行がこれからは進んでいくことが予想されます。

株式投資でも、キャッシュレス決済について注目していきたいです。

【スポンサーリンク】