ちからぼ

主に資産運用と相模原市について書いてます。

【スポンサーリンク】

裁断された本が売れた!!

 

f:id:miki2412028:20181227010359j:plain

 

どうも!!mikiです。

 私は、断捨離を行った際に本を裁断してPDFに変換したりしました。裁断された本は近所のリサイクルショップなどで買取をしてくれないため、自身でフリマアプリに出品していました。

今回はフリマアプリで裁断済みの本を売却した感想と考察をかいていきます。

裁断済み書籍の出品

 フリマアプリと言えばメルカリですが、私は主にラクマで出品しています。ラクマではメルカリほどの出品数はありませんが、「裁断済」と検索すると約700件の商品が表示されます。印象としては、マンガが多いといった感じです。

 

出品されている商品の多くは、出品後1ヵ月以上経過しているものが多く、とても需要のあるカテゴリーとは言えません。

中でも資格や専門書の出品は少ない印象です。

出品した書籍

f:id:miki2412028:20181230143712p:plain

出品した書籍は、ファイナンシャルプランナー2級のテキストと問題集です。ファイナンシャルプランナーは資格試験として人気で、出品した書籍も人気商品となっています。

売却時は2,000円だったのですが、一か月近く経っても売却相手が見つかりませんでした。その後、1,600円に値下げをしたところ、購入希望者が見つかりました。

出品後から売却まで

 出品後に何件か問い合わせのコメントをいただきましたが、説明文をしっかり読んでいなかったり、裁断の意味をあまり理解していない方などがいました。購入後のトラブルを避けるためにも、裁断済みの本を売却する際には、再度説明が必要となります。

価格設定

出品する際には、売却時の手数料と送料を考慮して価格設定が必要となります。最近は、裁断済みの本でもある程度の需要が出てきていますが、まだまだ未裁断の本に比べ価格を下げなければありません。

裁断済みの本を売却して感じたこと

裁断された本といえども、人気のある本には書いてがいることを改めて認識しました。しかし、1ヶ月以上の保管期間は少しネックになります。今後もフリマアプリで裁断済みの本を出品していきますが、保管期間の割に利益の小さい本に関しては、どんどん断捨離していきたいと思います。

まとめ

  1. フリマアプリでは、裁断済みの書籍が売れる。
  2. 出品から売却まで1ヶ月以上かかる。
  3. 裁断済みも意味が分からずに購入申請をする人がいる。

 

 

 

【スポンサーリンク】