ちからぼ

主に資産運用と相模原市について書いてます。

【スポンサーリンク】

断捨離 Blog.1【本】

 

f:id:miki2412028:20181023163759j:plain

断捨離を行うきっかけ

私は、もともと物を多く持っていました。

読んだ本は、絶対に捨てずおまけで貰ったものは、いつか使うかもと取っておいていたりしました。その結果同じような物が複数あったり、普段使用しないようなキーホルダーが机の上を占領していたりする状況でした。

就職後も物のあふれる部屋で生活していたのですが、職場から帰ってきても落ち着かず、休日も部屋にいることが苦痛に感じ始めました。

そんな中、ネットで最小限の物で生きるミニマリストといわれる方々のブログやSNSをみつけました。本当に閑散とした部屋の中で自分の気に入った最小限の物だけで暮らしている姿は、当時の私にとってとても新鮮で憧れるようになりました。

ミニマリストに憧れた私は、さっそく断捨離を開始しました。

本の断捨離

私は、漫画をはじめ多くの本を所有していました。学生の頃に購入した本をはじめ、一度購入した本は、いつか使うかもと捨てれずにいました。

その結果、専門書だけで200冊以上、漫画100冊以上と当時住んでいた部屋の中でも存在感を発揮していました。

 

まず、最初に行ったのが絶対に不要な本の廃棄・売却です。大量にある本を整理していると内容が似ている本や同じ本がありました。それらの本の中から売れるものはリサイクルショップで売却し、売れない本は廃棄しました。

そして、残った専門書127冊全部をPDF化してUSB一つにまとめました。

本PDF化の手順

まず本をPDF化するサービスについてですが、著作権の関係で一部を除きできません!!

 

しかし個人的にデータとして所有するのに関しては、著作権の侵害にはあたらないため、本をPDFなどに変換する場合には個人的に行う必要があります。

私が調べた結果、本の裁断についてのサービスは多数ありました。その中から、スキャナのレンタルも併せて行っているサービスを探しました。

 

裁断をお願いしたサービスはこちらです!!

scanbooks.jp

 

 まず、「お問い合わせホーム」より名前、住所、連絡先を記載してサービス内容の選択しメールを送信します。

その後、裁断してほしい本を段ボールにつめて、指定された住所へ元払いで郵送します。そして、荷物が届いた後に、業者から裁断する本の冊数と料金が提示されます。

冊数に間違いがない場合、メールに書かれているリンクをクリックして、承認します。

私の場合、127冊分の裁断とスキャナレンタルを依頼したので、裁断費用10033円、梱包処分費700円、スキャナ送料1370円、代引き手数料420の合計12523円分の費用がかかるとのことでした。

その後、裁断された本とスキャナが家に届き、代引きにて12523円を支払いました。

 

スキャナのレンタル費用は、裁断する本の冊数が100冊以上だと、6日間無料でレンタルできるので料金はかかりませんでした。

 

スキャナの取り扱い方やスキャンデータのPDFへの変換方法は、スキャナに取り扱い説明書がついてきますので、簡単に行えました。

スキャンが終われば、スキャナを着払いで返却します。

合計費用

上記で述べた12523円に加え、裁断する本を郵送するときの費用を合わせて20000円いかないぐらいで行えました。

メリット

まず、本サービスを利用することで綺麗に裁断してくれることや、時間の短縮になりました。そしてスキャナを購入しなくてもスキャンが行えるため、余計な物を所有せずに済みます。また、A3サイズの本でもA4サイズにカットしてくれます。

そのほかにも、断捨離することで部屋がすっきりして、本棚も処分することが出来ます。

デメリット

デメリットとしては、費用がかかることが挙げられます。また、スキャナのレンタル期間内にスキャン作業を行わないといけないため、時間の縛りがあります。

そして、スキャンした後の裁断された本はすべて自分で処分しなければなりません。

【スポンサーリンク】