ちからぼ

主に資産運用と相模原市について書いてます。

【スポンサーリンク】

投資信託について

f:id:miki2412028:20181008165555j:plain

 

資産運用と聞くと株や不動産といった比較的元手が必要な方法が頭に浮かびます。実際に不動産を購入するとなると、数千万程度の元手が必要となり、株を購入するにも安く見積もって10万円程度のお金が必要となります。また株に関しては、優良企業株を購入するとなると100万円単位のお金が必要です。

これらのことより、資産運用は富裕層やお金に余裕のある40代が行うイメージが強く、若いうちより資産運用を行う人は多くありません。

今回は、低予算でも資産運用が行える投資信託について書いていきます。

 

投資信託ってなに?

投資信託とは一言でいうと「投資家より集めた資金をファンド(専門家)が株や債券、不動産に投資し運用する」ものです。

私たちの大事なお金を投資のプロが運用してくれるものです。そのため、投資経験や知識のない初心者でも資産運用をすることが出来ます。

f:id:miki2412028:20181008200201p:plain

投資信託は、株やFXのように短期的に利益を出すものではなく、コツコツと積み立てをしながら長期的に利益を出すために

購入金額は証券口座により異なりますが100円以上から購入でき、1円単位で価格を設定できます。

投資信託購入時の注意点

 投資信託を購入する際に注意しなければならないのが、投資信託を購入してから保有し、売却するまでに生じる手数料です。

 せっかくの資金を手数料で少なくするのは、非常にもったいないです。

投資信託は、長期的に積み立てながら行うのに適した資産運用ですので、一回当たりの手数料は微々たるものでも、10年、20年と経過すると相当な額になります。

投資信託にかかる手数料には下記のようなものがあります。

  1. 販売手数料
  2. 信託報酬
  3. 信託財産留保額

これらの手数料をいかに低く抑えるかが、投資信託で資産運用するときのポイントの一つになってきます。

メリット

 ① 低リスク

投資信託は、投資家から集めた資金を用いて様々な金融商品などに資金を投資します。そのため、日本株が暴落しても外国株などで日本株での損失を抑えることが出来ます。

② 少額投資が可能

証券口座にもよりますが、100円から投資信託を購入することが出来ます。つまり、一日でジュースやコーヒー一杯を我慢するだけで、投資信託を購入することが出来るのです。さらに、100円以上であれば1円単位で投資金額を調節することが出来ます。

③ 専門知識がいらない

上記でも説明した通り、投資信託は投資家の資金を専門家が運用するので、投資家自身は専門的知識は不要となります。

デメリット

 ① 大きな利益は望めない

株や仮想通貨のような急激な値上がり、がないため投資信託のみで大きな利益を上げたりすることは、ほぼできません。

② 元本割れのリスクがある

いかに低リスクといっても、投資信託は株と同じ金融商品のため、元本割れのリスクがあります。

 

 

 

 

【スポンサーリンク】