ちからぼ

神奈川県の相模原市に住むミニマリスト投資家です!!

【スポンサーリンク】

5月株主優待【金券②】

 

どうも!!mikiです。

前回のブログでは5月に権利確定する株主優待券の中で、金券を提供している企業を紹介していきました。

5月株主優待【金券】

しかし、すべての企業を紹介できたわけではないので、前回に引き続き今回も金券を提供している企業を紹介していきます。

 

岡山製紙<3892>

岡山製紙は、名前にもある通り岡山県岡山市に本社を置く企業であり、板紙の製造を目的に創業され、板紙事業と美粧段ボール事業を展開している企業です。

板紙とは、段ボールなどの原材料となる厚手の紙を指しており、岡山製紙の主力事業となっています。また美粧段ボール事業では、受注生産に特化しており電化製品や医薬品など様々な形やデザイン、構造に対応しています。

株主優待の内容ですが、100株以上で

  • 500円相当のクオカード

500株以上で

  • 2,000円相当のクオカード

1,000株以上で

  • 4,000円相当のクオカード

となっています。

2019年5月17日の15:00時点での株価は793円、予想1株配当は12円となっています。仮に100株保有すると、79,300円の投資で年間1,200円の配当と、500円相当のクオカードを受け取ることができます。

ニイタカ<4465>

ニイタカは大阪府大阪市に本社を置く企業であり、界面活性剤関連の製品を製造·販売するために創業され、業務用洗剤·漂白剤、固形燃料、食品添加物、化粧品などの製造·販売や衛生管理サービス提供などの事業を展開している企業です。

事業内容の特徴としては、一般家庭用ではなく業務用への特化です。また、全国各地のネットワークを整備し、食器洗浄用洗剤を使用している顧客に対して、洗剤濃度の調整や機器の簡単なメンテナンスまで行なっています。

株主優待の内容ですが、5月と11月にそれぞれ受け取ることができます。

5月の内容は、

100株以上の保有

1,000株以上の保有

となっています。

11月の内容は、

100株以上の保有

  • 食器用洗剤セット
  • 五目釜めし3食セット

のどちらか1つを選ぶことができます。

300株以上の保有

  • 食器用洗剤セット、風呂用洗剤セット
  • 五目釜めし5食セット
  • 釜めし用釜コンロ

のどれらか1つを選ぶことができます。

  • 食器用洗剤セット、風呂用洗剤セット、手洗いせっけん液
  • 五目釜めし5食セット·釜めし用釜コンロのセット
  • 五目釜めし5食セット×2
  • 釜めし用釜コンロ×2

のどれか1つを選ぶことができます。

2019年5月17日の15:00時点での株価は1,560円、予想1株配当は26円となっています。仮に100株購入すると156,000円の投資で、年間2600円の配当と500円相当のジェフグルメカード、食器用洗剤セットもしくは五目釜めし3食セットを受け取ることができます。

三機サービス<6044>

三機サービスは兵庫県姫路市に本社を置く企業であり、パナソニックと株式会社兵庫機工の業務提携により、一部門の事業から始まりました。その後、株式会社兵庫機工より独立して現在の三機サービスがあります。

事業内容としては、各種設備のメンテナンスや設備のコンサルティングなどを手がけています。2019年の4月には、ベトナム国営企業と共に現地での合弁会社を設立したりと、これから需要が見込める国へと進出しています。

また、業績も緩やかですが回復基調にあります。

株主優待の内容ですが、100株以上の保有

  • 1,000円相当のクオカード

となっています。

2019年5月17日の15:00時点での株価は1,263円、予想1株配当は30円となっています。仮に100株購入すると126,300円の投資で、年間3,000円の配当と1,000円相当のクオカードを受け取ることができます。

Game With<6552>

Game Withは東京都港区に本社を置く企業であり、ゲーム関連の情報を発信するWebメディアである「Game With」の運営事業を行う企業です。

会社設立当時、ゲーム関連の情報発信を中核事業としている企業は少なく、競合相手が少なかったこともあり、Game Withは国内最大のWebメディアとなりました。

株主優待の内容ですが、100株以上の保有

  • 1,000円相当のクオカード

となっています。

2019年5月17日15:00時点での株価は815円となっており、株主配当はありません。仮に100株購入すると81,500円の投資で、年間1,000円相当のクオカードが受け取れます。

小津産業<7487>

小津産業は東京都中央区に本社を置く企業であり、不織布や洋紙·紙製品の輸入、加工、販売を行なっている企業です。

不織布は、医療、コスメ、産業資材など様々な分野で使用されており、小津産業の中核ビジネスの1つとなっています。

株主優待の内容ですが、

100株以上の保有

  • 1,000円相当のクオカード

200株以上の保有

  • 2,500円相当のティッシュペーパー、トイレットペーパー詰め合わせ

500株以上の保有

  • 5,000円相当のティッシュペーパー、トイレットペーパー詰め合わせ

となっています。

2019年5月17日の15:00時点での株価は1,865円で、予想1株配当は19円となっています。仮に100株保有すると186,500円の投資で年間1,900円の配当と、1,000円相当のクオカードが受け取れます。

ヤマシタヘルスケアホールディングス<9265>

ヤマシタヘルスケアホールディングスは福岡県福岡市に本社を置く企業であり、 医療機器販売、医療機器製造·販売、医療モールの運営事業などを展開している企業です。

中核となっている事業は、医療機器販売事業であり売り上げの大半を占めています。今後、市場の拡大が望める医療IT分野にどの程度参入できるかが、今後の鍵となってきます。

株主優待の内容ですが、

100株以上の保有

  • 500円相当のクオカード

1,000株以上の保有

  • 1,000円相当のクオカード

2,000円株以上の保有

  • 1,500円相当のクオカード

※2018年5月以降より1年以上継続保有の場合は、それぞれ2倍の価格、3年以上継続保有の場合はそれぞれ3倍の価格のクオカードが受け取れます。

2019年5月17の15:00時点での株価は1,245円で、予想1株配当は24円となっています。仮に、100株保有すると124,500円の投資で年間2,400円の配当と、500円相当のクオカードを受け取ることができます。

5月株主優待【金券】

f:id:miki2412028:20190205010033j:plain

どうも!!mikiです。

今回は、5月に権利確定する株主優待の中から金券が受け取れる企業について書いていきたいと思います。

 

タマホーム<1419>

タマホームは東京都港区に本社を置く企業であり、不動産の設計、建築、販売や住宅保険の代理店などの事業を展開しています。賃貸に住んでいる方でも、テレビCMなどで一度は名前を聞いたことがあると思います。

個人向けの注文住宅に力を入れており、首都圏よりも地方での販売が好調となっています。

株主優待の内容ですが、100株以上の保有

  • 500円相当のクオカード

※3年以上の継続保有の場合は、1,000円相当のクオカード

となっています。

また、2019年の5月に限っては希望者に対して、クオカードではなく自社グループの優待券を受け取ることができます。

2019年5月17日の15:00時点での株価は1,098円、予想1株配当は51円となっています。仮に100株保有すると109,800円の投資で、5100円の配当と500円相当のクオカードを受け取ることができます。

ラクト·ジャパン<3139>

ラクト·ジャパンは東京都中央区に本社を置く企業であり、乳製品の輸入を中核とする食品専門商社です。乳製品以外にも、豚肉や生ハムなどの食肉原料を海外より輸入し日本国内の企業へ販売したりもしています。

TPPや日欧EPA、健康ブームによる乳製品の好調などにより、営業利益および純利益共に増加となっています。

株主優待の内容ですが、100株以上の保有

  • 1,000円相当のクオカード

※3年以上の継続保有の場合、自社選定カタログギフト

となっています。

2019年5月17日の15:00時点での株価は4,205円、予想1株配当は22円となっています。仮に100株保有すると420,500円の投資で、2,200円の配当と1,000円相当のクオカードを受け取ることができます。

大光<3160>

大光は岐阜県大垣市に本社を置く企業であり、食品の総合商社として外商事業、アミカ事業、水産品事業などを手がけている企業です。

主力となっている業務用食品の販売は、既存顧客向けには堅調となっており今後は、新規顧客の開拓がカギとなってきます。

株主優待の内容ですが、100株以上の保有

  • 500円相当のクオカードまたは1,000円相当の自社店舗の商品券

500株以上の保有

  • 1,000円相当のクオカードまたは2,000円相当の自社店舗の商品券

1,000株以上の保有

  • 2,000円相当のクオカードまたは4,000円相当の自社店舗の商品券

2,000株以上の保有

  • 3,000円相当のクオカードまたは6,000円相当の自社店舗の商品券

※自社店舗の商品券は、実店舗にてクオカードと引き換えに受け取れます。

となっています。

2019年5月17日の15:00時点での株価は692円、予想1株配当は8円となっています。仮に100株保有すると69,200円の投資で、800円の配当と500円相当のクオカードが受け取れます。

日本毛織<3201>

日本毛織大阪市中央区に本社を置く企業であり、衣料繊維事業、産業機材事業、人みらい開発事業、生活流通事業を手がけている企業です。

社名にもあるとおり、元々は毛織産業から始まった企業です。しかし最近では羊毛原料の価格上昇により、衣料繊維事業では収益減となっています。しかし、人みらい開発事業および生活流通事業の好調などにより、売上高、営業利益共に前年を上回る業績となっています。

株主優待の内容ですが、100株以上の保有

  • 500円相当のクオカード
  • 自社製品の割引販売(5月のみ)

1,000株以上の保有

  • 500円相当のクオカード
  • 自社製品の割引販(5月のみ)
  • 3,000円相当の割引優待(5月のみ)

5,000円以上の保有

  • 500円相当のクオカード
  • 自社製品の割引販(5月のみ)
  • 5,000円相当の割引優待(5月のみ)

1,0000株以上の保有

  • 500円相当のクオカード
  • 自社製品の割引販(5月のみ)
  • 10,000円相当の割引優待(5月のみ)

となっています。

2019年5月17日15:00時点での株価は867円、予想1株配当は24円となっています。仮に100株保有すると86,700円の投資で、2,400円の配当と500円相当のクオカード、自社製品の割引販売を受けることができます。

メディカルネット<3645>

メディカルネットは東京都渋谷区に本社を置く企業であり、歯科医療の情報発信サイトの運営、歯科クリニックの経営支援、コンサルティングなどの事業を展開している企業です。

2019年5月の決算では、売上高、営業利益ともに前年を下回る予想となっています。中核となっている歯科検索サイトが、Googleアルゴリズム変更にて下振れになっていることが要因の1つです。

今後も、Googleアルゴリズム変更により業績が変動してくることが、予想されます。

株主優待の内容ですが、100株以上の保有

  • 500円相当のクオカード

となっています。

2019年5月17日15:00時点での株価は538円、予想1株配当は2円となっています。仮に100株保有すると53,800円の投資で、200円の配当と500円相当のクオカードを受け取ることができます。

夏に強い「ビール」関連企業

f:id:miki2412028:20190515011034j:plain

どうも!!mikiです。

5月になり半袖で日中を過ごす機会も増えてきました。

本格的な夏がこれからやってくると、暑気払いや会社の飲み会が増えてきます。そして、暑い夏の飲み会に欠かせないのが、ビールです。

今回は、ビールを製造販売を行なっている主要な企業について書いていきたいと思います。

サッポロビール<2501>

サッポロビールは、東京都渋谷区に本社を置く企業であり、酒類事業を中核として食品飲料事業や不動産事業を展開している企業です。

販売している製品にはエビスなどがあり、ビール事業は国内シェア4位となっています。

不動産事業は、サッポロビールゆかりの地である「札幌」、「恵比寿」、「銀座」、「名古屋」を中心に、ホテル運営や不動産開発および賃貸管理を行なっています。

株価は、2012年には1,500円を下回っていましたが、2017年には3,500円を超えるまでになっています。しかし、2017年から2018年にかけては株価が低下傾向にあり、2019年5月16日時点では、2,500円を割り込んでいます。

サントリー食品インターナショナル<2587>

サントリー食品インターナショナルは東京都中央区に本社を置く企業であり、酒類事業、飲料品事業、健康食品事業などを手がけている企業です。

販売している製品には、金麦プレミアムモルツCCレモン伊右衛門山崎など数多くの製品があります。

個人的には、あまりビールの企業というよりは、飲料品およびウイスキーの企業というイメージが強いです。

ビール事業は国内シェア3位となっています。

株価は2013年の上場以来、多少の増減はありますが、株価は横ばいとなっています。

キリンホールディングス<2503>

キリンホールディングスは、東京都中野区に本社を置く企業であり、主にビールを中心とした飲料品を製造販売する企業です。飲料品関連の事業以外にも、医薬品の研究開発なども行なっています。

販売している製品には、一番搾りのどごし生氷結などのスーパーやコンビニに行くと必ずと言っていいほど、置かれています。

ビール事業は、国内シェア2位となっていますが最近は、チューハイや紅茶が好調となっています。

株価は、2012年には1,000円を下回っていましたが、2018年には3,000円を超えるまでとなっています。

アサヒグループホールディングス<2502>

アサヒグループホールディングスは、東京都墨田区に本社を置く企業であり、酒類関係の事業を中核事業として、飲料事業、食品事業を手がけている企業です。

販売している製品には、 アサヒスーパードライブラックニッカ三ツ矢サイダーカルピスなどの有名なものが多数あります。

アサヒグループといえば、ビールのイメージが強いですが、ウイスキーやソフトドリンクでも有名な製品が多数あります。

ビール事業では、国内シェア1位を誇りかつ東京オリンピックでは、「ゴールドパートナー」になるなど、事業面でも社会的にも地位を築いています。

株価の推移としては、2012年は2,000円を下回っていましたが、2018年には一時6,000円を超えるなど、6年で株価が3倍以上になっています。

さいごに

夏といえば、野外でビールを楽しむ人が多いと思います。しかし、ビール類の出荷は13年連続で最低記録を更新しています。この要因としては、多種多様な酒類が充実していることや、ウイスキーの台頭、値上げが影響していると考えられます。

今回、紹介した企業をビール大手5社と呼んでいますが、その5社の中でもシェアを伸ばしているのは、キリンホールディングスのみであり、一人勝ちの状況となっています。

今後は、縮小するビール業界に対して清涼飲料水などの分野でどれだけシェアを獲得できるかが、企業にとって重要だといえます。 

平成経済の流れ【バブル経済の崩壊】

 

どうも!!mikiです。

平成に起きた日本経済の出来事で最も大きな影響を与えたのは、「バブル経済の崩壊」と言っても過言ではありません。

今回は、バブル経済の崩壊について書いていきたいと思います。

バブル経済とは

バブル経済の崩壊について語るには、バブル経済がどのような経緯で発生したかを知る必要があります。以前、本ブログに書きましたので参照ください。

www.chikalab.com

バブル経済を簡単にまとめてみると

  1. プラザ合意により円高ドル安になる。
  2. 円高により輸出産業が大打撃を受ける。
  3. 円高対策として、日銀が低金利政策を行う。
  4. 銀行が日銀からお金を借りやすくなる。
  5. 企業や個人への融資が活発になり、工場建設や土地購入が活性化される。
  6. 土地価格が上昇し、土地を担保に新たな融資がされる。
  7. 多くの資金が土地や株式市場へ流れこみ、実質経済から大きくかけ離れる。

という感じです。

つまり、土地や株が本来の価値よりもはるかに高い状況だったということです。

 

バブル経済についてはこのくらいにして、下記ではバブル経済を崩壊へと導いた出来事について書いていきます。

バブル経済崩壊の要因

バブル経済崩壊の要因としてあげられるのは、

  1. 不動産融資総量規制
  2. 公定歩合の引き上げ

と言われています。

では、それぞれについて簡単に説明していきます。

不動産融資総量規制

不動産融資総量規制とは、当時の大蔵省(現在の財務省)より通知されたもので、土地取引による過剰な土地価格の上昇を抑えることを目的に行われたものです。

内容としては、不動産融資の伸び率を総融資の伸び率以下にするということです。バブル経済の時は、銀行の融資業務の中で不動産購入に対する融資が多く、銀行としてはこの通達により不動産関連の融資が行えなくなり、不動産市場へ流れる資金が一気に低下しました。

公定歩合の引き上げ

公定歩合とは、日銀が民間銀行へ資金の貸付と行う際の基準金利です公定歩合の増減により、民間銀行から企業や個人への融資を行う際の金利も変化します。

日銀による公定歩合の引き上げは、不動産および株式市場への資金流入を鈍化させました。

バブル経済後の日本経済

日経平均株価は、平成元年の3万8,915円をピークに平成2年には、日経平均株価が2万円を下回るまで低下しました。

また、土地価格も不動産融資総量規制により大きく下落して、建築途中に工事が取りやめられるなどの現象が起きました。

さいごに

今回は、バブル経済の崩壊について書いていきました。

今後、様々な経済的ニュースについて本ブログで書いていきたいと思います。

2019年5月上旬 資産状況

f:id:miki2412028:20181102001854j:plain

どうも!!mikiです

5月も約3分の1がおわりました。今回も私の現在の資産状況について書いていきたいと思います。

個別株

私の保有する金融資産の大部分を占める資産です。

5月の下旬も保有株に変更はなく、含み損の状況も続いておりません。

では、それぞれの個別株について書いていきます。

ソフトバンク〈9434〉

IPOにて購入した銘柄ですが、購入してから今日まで一度もIPO価格を超えたことがありません。そのため、現在は含み損の状態が続いております。

2019年5月10日の15:00時点での株価は、1,424円となっており損益は-7,600円の含み損となっています。

5月8日に発表された3月では、今期のソフトバンクの業績について過去最高益と2019年の予想配当が今期よりも増配することなどが報告されました。

配当額については、2018年度の配当額が1株あたり年間75円(下半期からの上場のため実質37.5円)なのに対し、2019年は10円増の85円とすることを発表しました。

そのほかにも、ヤフーの株式をさらに取得し連結子会社化するという発表もあり、2019年に向けソフトバンクの市場での注目が高まりました。

ヤフーのユーザー数は、ソフトバンクのモバイル事業の顧客よりも多く、今後の新規顧客獲得などの期待が高まります。

そのため、株価は2ヶ月以上ぶりの高水準となっています。

 

2019年5月10日の15:00時点での評価額は、142,400円となっています。

LIFULL〈2120〉

私の資産額の大部分を占めているのがLIFULLの株式です。

過去に保有しており、売却してから再度買い直しましたが、それ以来含み損が続いています。また、投資額と保有期間共に過去最高となっています。

2019年5月10日の15:00時点での株価は、587円となっており損益は-264,100円の含み損となっています。

保有期間のメドとしては、東京オリンピックと考えていますがその時々の状況によっては、方針変更もあり得ます。

 

2019年5月10日の15:00時点での評価額は、1,115,300円となっています。

投資信託

積立を行なっている投資信託は「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」であり、現在も変わらず毎月3万円の積立を行なっています。

2019年5月10日の15:00時点での積立金額は、150,000円となっており損益は+6,279円の含み益となっています。

この投資信託は、米国株式の価格と連動しているため、米国政府の政策や大統領の発言などで価格が変動します。

最近も、対中貿易に追加関税をかけるという米国政府の対応により、含み益が半額になりました。今後も積立を行なっていく予定ですが、米国経済によっては積立額を変更することも考えています。

 

2019年5月10日の15:00時点での評価額は、156,279円となっています。

仮想通貨(ビットコイン)

GW前より価格の上昇が続いていましたが、最近になり1BTCあたりの価格が、80万円を超えました。

今年の2月頃の価格と比べると2倍以上の価格になっており、一部ではビットコインバブルの再来とまで言われています。

今後は、仮想通貨の日常生活での利用が大きな注目点であり、その中で淘汰される仮想通貨も出てくると思います。

現在、私が保有するビットコインを日本円に換算すると、59,018円となっています。

現金資産

  1. ゆうちょ銀行に125,263円
  2. SB証券口座に15,544円

まとめ

  1. 株式資産1,257,700円
  2. 投資信託156,279円
  3. 仮想通貨59,018円
  4. 現金資産140,807円 

 となっており、資産合計1,613,804円となっています。

平成経済の流れ【日経平均株価の高騰】

f:id:miki2412028:20190414180635j:plain

どうも!!mikiです。

平成が終わり令和時代となりました。

平成の時代は「不景気」だったというイメージを持っている人が多いと思います。私自身も物心ついた頃から日本は不景気だという言葉をよく耳にしました。

しかし、日経平均株価の過去最高額をたたき出したのは、なんと「平成」なのです。

今回は、平成元年の12月29日に記録した日経平均株価の市場最高値について書いていきたいと思います。

バブル経済とは

f:id:miki2412028:20190510132226j:plain

現在の20代や30代の方々には、バブル経済の記憶はほとんど無いと思います。私自身も、バブル経済崩壊後に生まれたため当時の雰囲気を全く知りません。

しかし、当時を知る40代や50代の方々に話を聞くと、今では考えられないような状況が日本各地で起こっていたとのことです。

では、そんなバブル経済について書いていきたいと思います。

日本でいうバブル経済とは、1986年から1990年頃にかけて起きた「株価の値上がり」や「不動産価格の高騰」などにより波及した好景気のことをいいます。

バブル経済の発端となったのは、1985年のプラザ合意にあります。プラザ合意により円安ドル高の状況から、一気に円高ドル安となりました。そのため、日本の輸出産業は大きな打撃を受けることになります。

そのような状況を打開しようと日銀は、低金利政策を導入して銀行への融資を活発化させるといった対応策を行いました。

その結果、企業の設備投資が行われたり新工場建設などが進み、土地価格の高騰化が進みました。そのような背景があり、土地を担保に銀行から融資を受け、さらに土地を購入するといったサイクルが出来上がってしまったのです。

土地の売買や銀行からの融資により手元には大きな資金があり、それらの資金が株式市場へ流れ込むことによって、日本株の価格上昇が引き起こされました。これらの価格上昇は、実体経済から大きくかけ離れており、異常な経済状況と言えます。

 

このような背景により生じた1986年から1990年に生じた好景気をバブル経済といいます。

バブル経済のエピソード

バブル経済時の日本では、現在では考えられないようなエピソードや価値観があります。

ここでは、その一部を紹介していきたいと思います。

  • 日経平均株価が3万円台
  • 土地価格が常に値上がりする
  • ゴッホの「ひまわり」を日本企業が所有する
  • 徒歩圏内でもタクシー移動
  • タクシーを止める際に札束を燃やして合図する

などなど、、、

日経平均株価の推移

バブル経済の前より輸出関連の株価は、円安の恩恵を受けて上昇していました。しかし、バブル経済となるとさらなる株価上昇が起き、現在では考えられないような値上がりを見せました。

では、日経平均株価の推移を見てみましょう。

f:id:miki2412028:20190510132711p:plain

このように、バブル経済前後では価格上昇と下落が一目でわかるほど顕著に現れます。

日本平均株価の最高額更新

ブログの題名にも書きましたが、バブル経済の絶頂期には、日経平均株価が4万円に届く勢いを見せ、現在の株価からすると考えられない数値になります。 

日経平均株価が最高値は、平成元年の12月29日に記録した3万8,915円です。2018年の日経平均株価の最高値が2万4,448円ということを考えると、その高さが実感できると思います。

さいごに

今回は、平成元年に記録した日経平均株価の最高値についてその要因を含め書きました。今後、バブル崩壊リーマンショックなどの平成で起きた経済トピックについて書いていきたいと思います。

2019年4月に断捨離したもの

f:id:miki2412028:20190205010033j:plain

どうも!!mikiです。

5月になってしまいましたが、2019年4月に断捨離したものについて書いていきたいと思います。

マグカップ

f:id:miki2412028:20190505111751j:image

f:id:miki2412028:20190505114831j:image

どの家庭にも必ずと言って良いほどあるのが、コップやグラスなどの食器です。

100均やディスカウントストアでもそこそこのレベルの物を手に入れることや、知人や友人からの貰い物などで、余分に所有しがちなアイテムです。

私は1人暮らしにも関わらず、マグカップが4つとグラスが1つあります。マグカップ4つの内2つは、ここ3ヶ月程使用していないため、断捨離することにしました。

自転車用ライト

f:id:miki2412028:20190505115442j:image

普段の移動手段として、自転車を使用しています。

その自転車で使用していたライトなのですが、故障して使用できなくなったため、今回断捨離となりました。

炊飯マグ

f:id:miki2412028:20190505120534j:image

電子レンジでご飯が炊けるということで購入しましたが、電子レンジ内が水浸しになったり、上手く(美味く)炊き上がらなかったりと、使い勝手が悪かったため断捨離することになりました。

商品自体が悪いというよりは、私の使い方に合わなかったという感じです。

電源タップ

f:id:miki2412028:20190505122342j:image

元々使用していた電源タップですが、引っ越しに伴い使用する機会が無くなりました。

新居に引っ越して、1年間の間使用する機会が無くなったため、断捨離することにしました。

 

【スポンサーリンク】